Menu

重水素減少水について

Home

重水素とは

重水素とは

水素原子には自然界に3種類の同位体が存在する。同位体は原子核の陽子の数が同じで中性子の数が異なる。
性質は非常に似ている。水素の同位体は質量が2倍や3倍となり他の原子に比べると違いが大きい。

水素の同位体は水素、重水素(二重水素とも言う)、三重水素である。

記号
名前
陽子の数
中性子の数
電子の数
同位体質量
割合
H 水素
1
0
1
1u
99.985%(ほとんど)
Dまたは2H (二)重水素
1
1
1
2u
0.015%6666個に1個)
Tまたは3H 三重水素
1
2
1
3u
極めてまれ

重水素は化学反応が18分の1と遅い。

重水の発見

1931年にハロルド・ユーリーが発見しノーベル化学賞を受賞。

重水とは

水(D2O)は水素原子と酸素原子でできている。この水素原子が同位体の重水素のものを重水(D2O)と呼ぶ。
融点は4℃、沸点は通常の水より1.5℃高く、密度は10%高い。また、粘土は25%以上高い。
重水と区別するため通常の水を軽水と呼ぶこともある。

生物に対する害について

D2Oによる有糸分裂阻害効果
Gross, P.R. and W.Spindel,Ann.New.York Acad.Sci.,84,500-522(1960)

ラットにD2Oを注入し、体内濃度35%になると死亡する
Katz, J.J., H.L.Crespi,et al,Am.J.Physiol.,203907-913(1962)

コリンアセチルトランスフェラーゼの反応速度はD2O中で1/2になる
Currier, S.f. and .G.Mautner,Proc.Nat.Acad.Sci.USA,71,3355-3358(1974)

D2OはDNAを修飾し、遺伝子機作によって悪性腫瘍を引き起こす
Vasilescu, V.,Fourth International Conference on Water and Ions in Biological Systems,Abstracts,p.43,p.58-59(1987)

通常の濃度では重大な毒性を持たない。
ただし、長期的に見ると不利益であると憶測される。

スケール
分子>原子>原子核>電子

重水素低減水とは

重水素低減水とは、水に含まれている水素の同位体「重水素」濃度を低減したものです。
ハンガリーの分子生物学者ガボール・シャムヤイが「がん治療」を目的に研究した水です。

人の腫瘍に対する試験はフェイズⅡまで完了しており有効性と安全性が確認されています。
同国で獣医用がん腫瘍治療薬として認可されています。

効果と安全性のバランスのとれた治療法として期待されている機能水です。

腫瘍細胞

・分裂阻害
・縮小
・アポトーシスの増加

癌・腫瘍

・腫瘍の寛解
・腫瘍の縮小
・延命効果
・QOLの向上
・副作用の軽減
・疼痛の軽減

その他

・免疫活性の向上
・紫外線・放射線によるダメージの低減
・酵素活性の向上
・傷・炎症の回復促進
・睡眠の改善
・前立腺肥大の解消
・老人性のシミ・ホクロの縮小
・身体能力の増強
・性機能の向上

重水素低減水の利用方法

重水素低減水は飲料水として摂取します。
重水素低減水を飲用することで体内の重水濃度を下げることができます。
体内の重水は飲んだ低減水により薄められ尿や汗などで体外へ排出され徐々に少なくなってゆきます。

飲用目的は腫瘍の縮小、後退、寛解や予防や再発を防ぐためなどです。
体力維持、健康維持、アンチエイジング、ウェイトコントロールや筋力の増強にも期待されています。

お問合わせ TEL : 06-6393-5575 大阪府大阪市淀川区西三国3-18-1 103