お灸

お灸についてです。

皮膚の上にお灸を据えて、燃やして火傷をさせる治療なのですが、、

なんでこんなことをすると思いますか?

 

火傷をすると、タンパク質が変性してヒストトキシンという物質ができます。

それに反応してリンパ球(免疫)が増加するのです。

テレビとかでナチュラルキラー細胞って聞いたことないですか?

毎日人間の身体では癌細胞ができるのですが、ナチュラルキラー細胞が戦ってくれています。

そしてナチュラルキラー細胞もリンパ球に含まれています。

 

ということは、、

お灸をすると20時間後くらいに体内のリンパ球がMAXになると分かっているので、

癌になりにくい身体、病気になりにくい身体になると言えます。

 

実際、当院の患者様でリウマチの方がおられますが、6年間進行せず、日常生活に支障のないくらいに症状を抑えることに成功してます。(週一ペースの治療です)

 

デメリットを一つあげるとしたら、

火傷の跡が残る、、

ということだけです。

 

それ以外ではほんとに良いことばかり、長生きの秘訣と言えます。

 

お気軽にご相談ください(^^)

 

 

しんたろう鍼灸整骨院 淀川区鍼灸院 三国鍼灸院 三国整体 淀川区整体 淀川区整骨院 三国整骨院 淀川区筋膜 三国筋膜 筋膜リリース アームレスリング 電気鍼 鍼通電 鍼 針 自費治療 自由診療 メディセル 筋膜 二重顎 部分痩せ 唇の色 唇の色でわかる体調 日曜診療 日曜日 ゴルフ ゴルフ肘 ゴルフスクール大阪神戸tv 肩こり 腰痛 頭痛 自律神経 鬱 お灸 免疫

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA